私は風俗で覚醒した

楽しい時間になった理由がある

前回の風俗は二か月くらい前になるんですけど、とっても楽しい時間になりましたね。気持ち良くて嬉しいだけじゃなく、楽しかったんです。そこはもう風俗嬢のエンターテイメント振りでしょうね。彼女なりにサービス精神を発揮してくれたからこそ、あそこまで楽しい時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって思いますしね。風俗って女の子と二人きりになるので、つい忘れがちになってしまうんですけどあくまでもサービスですしね。その間に何をしてくれるのかは、プライベートではなくあくまでもサービスなんです。でもサービス感を打ち出されすぎると、それはそれで男側としては少し萎えちゃうんですよね(笑)だから風俗嬢側としてはさじ加減が難しいと思うんですけど、彼女はその匙加減が絶妙だったからこそ、とっても楽しめたんです。話術、プレイ、そして彼女のリアクション。すべてこちらのことをしっかりと考えてくれているものだったので、ありがたい気持ちになりましたしね。

気持ちの問題が強いんですよね

風俗に行くメリットは、肉体的な喜びよりも精神的なものの方が大きいような気がするんです。例えばですけど、美人風俗嬢と楽しむと、気持ちが満たされるんですよね。男として、美人を相手にすると自尊心まで満たされるような気がするんですよ。美人風俗嬢というか、風俗嬢の外見にこだわる人って結構そのタイプが多いんじゃないですかね。何をしてもらうかじゃなくて、「美人にしてもらう」ということそのものが大切だって感じている人も多いと思うんですよね。自分もそうなんです。正直、あまり好みではないタイプの風俗嬢が物凄いテクニシャンだったって話よりも、そんなに上手ではなくて良いので、自分好みのもの凄い美人に少し何かされるだけの方が男としては満たされるんですよね。それらを考えると、やっぱり風俗は自分の好みのタイプにいろいろなことをしてもらった方が、結局は満足度も高くなるってことなんじゃないかなって。だから外見重視は間違いじゃないんです。